誰しも、交通事故に遭いたくて遭うわけではありません。歩行者など車に乗っていない人にとっては、その思いはもっと強いものでしょう。車に乗る人は、いつでも事故の危険があることをいつも頭において運転しなくてはなりません。

 
車の事故というのは、今までに経験した人や事故の場に居合わせたことのある人ならわかると思いますが、本当に悲惨なものです。最悪の場合には命がなくなってしまうこともあります。しかし、当事者たちは車に乗る前、そんな事故の危険は一切考えずに運転している場合がほとんどです。車の中はプライベートな空間で、人にもよりますが自分の家や自分だけの部屋にいるのと同じような錯覚さえあるところです。その分、つい油断してしまい事故になってしまうのです。

 
少しだけなら大丈夫、という飲酒運転、急ぎかもしれないから、ととった携帯電話、待ち合わせの相手に送るメール、など誰しも「だめだとはわかっているけれどしてしまう可能性の高いこと」というのを認識しています。罰則規定になっているのは、そういった事故につながる危険性がわかっているからなのです。なぜダメなのかというのにはきちんと理由があることを認識し、運転するときにはきちんと意識しておきましょう。