交差点での出会い頭による事故について

交差点での交通事故の発生率は高いと言われています。特に見通しが悪いところなどではお互いがよく確認せずに出会い頭にぶつかるケースが後を絶ちません。

 
このような場合はどちらかにあるいは両方とも一旦停止の標識や、一旦停止を示すラインが道路に示されている場合が多くあります。このため、一旦停止をした上で通行することになりますが、それでも衝突することが多くあります。

 
このような見通しの悪いところでは、一旦停止ではなくてもできるだけ停車するようにし、少しずつ車を進めるなどの予防策が必要となります。この場合は後ろの車が車間距離を十分にとっているかどうかをバックミラーで確認した上で、早めに速度を落とすなどの対策をとることが望ましいと言えます。

 
こうしたところでは何も自動車同士とは限らず、自転車やバイクなどともぶつかる可能性があります。特に自転車については、一旦停止の標識が出ていてもそのまま通行する自転車も多く、マナーの悪さが問題となっています。できるだけスピードを落として、いつでも止まれる速度、徐行などで進入する必要があります。

af9920062035l

自転車のマナーの悪さにも警察が徐々に本腰を入れつつありますが、そうした対策が浸透するまでにはまだ時間がかかる模様です。