交通事故の特徴的な事故実態

交通事故もさまざまな場所で発生しますが、その中でも発生しやすい時間帯や場所など特徴的なものとして挙げられるケースがあります。起こりやすい時間帯としては夕方から夜間に向けての時間帯です。運転者はちょうど仕事帰りの通勤路を急いでいて事故を起こすといった実態があります。

 
この時間帯の運転者というのはほとんどが仕事帰りなどの状態で心身ともに疲れた状態での運転で注意力が散漫しがちな状況にあります。また夕方から夜にかけてという時間は昼間の同じ道に比べますと暗くなることで視界が悪くなるというのも事故が起こりやすい状況であり、昼間の運転よりも十分に注意して運転をしなければなりません。

 
事故の発生する場所で多いのは交差点での出会い頭事故です。これは交差点に差し掛かった時の確認不足から事故につながる恐れがあります。必ず前方と左右の確認をしながら直進または右左折を行うようにします。また一時不停止、脇見運転、スピード違反など事故につながりやすい不注意な運転により、対向車や右左折車との接触を起こすことが実態です。運転には心身ともに余裕を持って注意深いくらいの構えで運転を行い、安全運転を基本的に行うことを心掛けるようにします。

af9920061111l