若者と高齢者の運転者が多い理由とは

交通事故を起こす運転者に、若者と高齢者が多いですよね。それはなぜでしょうか。

 
若い人というのは、やはり運転免許を取得してまだ日がまだ浅く経験が少ない、ということが大きな原因です。車の運転というのは、どうしても経験によるものが大きいです。こういった車のかげから歩行者が急に飛び出すかもしれない、左折するときには死角があるのでバイクや小さい子どもがいるかもしれない、などといったことは、まだ経験の浅い人には運転中に思い出しにくく注意を見落としがちになるのです。

af9920062359l
また、年齢が若いばかりに無謀な運転をしやすいというのも大きな原因でしょう。若い人は動作も機敏で瞬発力も早いので、一見運転が上手と思われがちですが、逆に自分の力を過信してしまう傾向にあります。それは危険な考えです。

 
そして、高齢者の場合には運転の経験が長くてもどうしても事故の確率は上がってしまいます。それは、やはり視力の低下や瞬発力の低下、運動神経の低下によるものが大きいでしょう。また、若い人と同じく自分の力を過信してしまうところも原因です。若い人よりも経験がある分、過信してしまうのも大きいのではないでしょうか。これらのことにより、年齢の高い方と若い方は中間の世代と比べると事故を起こしやすくなります。そのことをわかった上で運転することが大事です。